第31回伊那谷人形芝居

第31回伊那人形芝居公演が11月9日に行われ、黒田人形伝承館(飯田市上郷黒田)にて、黒田人形、古田人形、今田人形、早稲田人形が成果を発表しあいました。
d0178513_1492685.jpg

黒田人形伝承館は木造のしっかりとした建物です。
d0178513_1491534.jpg

d0178513_1491719.jpg

d0178513_1491788.jpg

古田人形の三番叟。
人形座によって、演出の違いがでます。三番叟はそれぞれの人形座の特色がよく出ています。

古田人形は能風。一人三番叟。
早稲田人形は神事的な三番叟。
今田人形は文楽的な二人三番叟。
黒田人形は農耕的な一人三番叟。

ちなみに下條歌舞伎の三番叟は、古田人形のに似ているかもしれません。
d0178513_149188.jpg

龍江小学校の児童による『傾城阿波鳴門』
d0178513_1491984.jpg

とっても上手035.gif
大人でも重い人形です。小学生が操るのは大変でしょう。
d0178513_149194.jpg

早稲田人形の『鎌倉三代記』
d0178513_1492031.jpg

下條歌舞伎でも『鎌倉三代記』はやりますが、人形だと演出が違いました。

歌舞伎だとチョイ役でも、「化粧してせっかく出るんだから」と活躍の場面が派手になったりします071.gif072.gif
d0178513_1492119.jpg

高齢化が進む早稲田人形。こちらも重い人形を操るのは大変でしょう...。
d0178513_1492139.jpg

箕輪小学生による『傾城阿波鳴門』
こちらは現代語バージョン。
d0178513_1492189.jpg

小学生がナレーターをつとめます。
d0178513_1492222.jpg

座による演出の違いもみられました。
d0178513_1492266.jpg

d0178513_1492399.jpg

d0178513_1492482.jpg

黒田人形の『絵本太功記』は光秀の登場シーンから。
d0178513_1492469.jpg

黒田人形の人形は小さいのが特徴。
文楽などプロの人形芝居は大人数を収容する会場でも見えるように、巨大化しています。
d0178513_149258.jpg

d0178513_1492552.jpg


今年の下條歌舞伎も『絵本太功記』!!!

『絵本太功記』は地芝居や歌舞伎好きな人ならよく知っている演目でもあり、よく上演される演目。
でもとっても難しい演目です。

というわけで、今週は毎晩稽古稽古…071.gif072.gif

◆◆◆2013年度下條歌舞伎定期公演◆◆◆

平成25年11月23日土曜日
コスモホールにて
(下條村睦沢8413-1)
入場無料

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※午前中は芸能発表が行われています。

午後1時
下條こども歌舞伎教室
『菅原伝授手習鑑 車引の場』

午後2時
下條歌舞伎保存会
『絵本太功記 尼崎の場』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
[PR]
by shimojokabuki | 2013-11-20 05:55 | 伊那谷の人形芝居

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki