中川人形、復活初舞台

d0178513_1828446.jpg

2012年度から中川公民館で「切竹紋次人形、再び」という講座が開かれ、中川人形保存会が発足しました067.gif

下條歌舞伎保存会長も復活にあたり、指導に通っていました。
d0178513_18285110.jpg

手前は天狗久の人形。太平洋戦争の頃、中川村に疎開していた世田谷区の方々からお礼に送られたものだそうです。かなり、大きな頭でびっくり005.gif
天狗久といえば宇野千代による聞き書き『天狗屋久吉』
宇野千代さんが天狗屋久吉の作る人形にほれ込んでお話を聞いています。

宇野千代聞書集―人形師天狗屋久吉・おはん ほか (平凡社ライブラリー)

宇野 千代 / 平凡社



d0178513_18285721.jpg

公民館館長さんのあいさつ。熱心に、人形芝居復活に取り組んでおられました。ご自身はもともと謡曲をなさっていたそうで、着物姿もきまっています。
d0178513_182938.jpg

中川村歴史民俗資料館の伊藤さんによる解説。最近のおもちゃロボットを使ってのお話。
d0178513_1829862.jpg

うーん、大きな頭!
d0178513_18291648.jpg

いよいよ、本番。
今田人形の指導で太夫さん達、三味線弾きさんも初舞台。
d0178513_18292129.jpg

『傾城阿波鳴門 順礼歌の段』3ヶ月とは思えない公演を見せてくれました!
d0178513_1829266.jpg

公演を終えての中川人形保存会の方々。

50年も途絶えていた人形浄瑠璃の復活は大変なことだったでしょう。

中川村は小さな村ながらも地域との交流を活かして文化的な事柄を大切にしているのが感じられるところです。


ちなみにチャオ中川ショッピングセンターの中にあるカフェセラード。
とってもおしゃれなコーヒー屋さん063.gif
d0178513_18293511.jpg

内装は中川村の額装屋さんタクラマカンさん。中川村には他にもたくさんクラフト作家の方々が暮らしています。今年もアトリエ解放展が5月にあるようです。

新しいものと、古いものが同居している中川村のパワーは何処から来るんでしょうか?不思議な村です。
[PR]
by shimojokabuki | 2013-03-24 18:22 | 伊那谷の人形芝居

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki