古建築アートセッション【香音天演奏会・子ども歌舞伎教室公開稽古・三穂小学校図画工作クラブ作品展】

上郷の喫茶店アートハウスの運営、
飯田市歴史研究所・建築史ワークショップ
下條歌舞伎保存会の共催のイベント古建築アートセッションが11月3日にあります。

このイベントは、香音天演奏会下條子ども歌舞伎教室公開稽古三穂小学校図画工作クラブ作品展
飯田・下伊那の古建築で行うというものです。

下伊那には多くの古民家や農村舞台が多く残されています。
せっかく残っていても維持はたいへん。
また、人に知れずひっそりと建っています。
そこで、これらを利活用したイベントです。

古建築を利活用した地域ぐるみのイベント」がコンセプト。
みなさまのご参加をお待ちしています035.gif053.gif

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

060.gifメイン演奏者「香音天こうおんてん」さんの映像060.gif



甲斐いつろう(打楽器)・甲斐カオン(横笛)による
1992 年に結成された実力派アコースティックユニット。
アジアやアフリカの民族打楽器と横笛、岩笛、オカリナなどを中心に演奏。

今回キーボード奏者 沢村繁が参加。
香音天のサウンドは、縄文的な風合い、
西欧・アジア民族文化の香り、
さらに日本人としての誇りが根底に太く流れている。
千葉の里山で暮らし天地自然の摂理を感じ、感謝の祈りを音魂にのせている香音天。

2011 年春に、NHK テレビ「いっと6 けん」でドキュメンタリーが放送され、
多くのファンに支えられ広がっているコンサートです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

古建築アートセッション in 下伊那 
   ~ 下條・八幡・伊豆木 ~
  2012 年11 月3 日(土)




■■■■■■■■■■■■■■■■■■「八幡」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
会場: 犬塚家(飯田市松尾八幡)

059.gif10:00~ 香音天 演奏会

入場料:1000 円(高校生以上)・500 円(小中学生)
駐車場:八十二銀行

申込先着20 名(アートハウスに申し込みをお願いします)

持参物:飲食物や防寒対策をお願いします

犬塚家は約200 年前に建築された町家で、
松尾大火で焼け残ったウダツが残っています。
土間の吹き抜け空間での音の広がりをお楽しみください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■「下條」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
会場:合原皇太神宮舞台(下條村陽皐)

059.gif14:00~ 香音天 演奏会
059.gif15:00~ 下條子供歌舞伎 リハーサル

入場料:1000 円(高校生以上)・500 円(小中学生)
駐車場:いきいきランド(徒歩10 分)
    (神社駐車場は高齢者にお譲りください)

申し込み不要(当日お集まりください)

持参物: 客席にはビニールシートを敷きます
      座布団・毛布等、防寒対策をお願いします

イベント終了後、持ち寄りで出演者と交流会を行います
飲食物をご持参いただけると幸いです063.gif

合原皇太神宮舞台は約100 年前に建築された歌舞伎舞台です。
演奏後には11/23(祝)に予定される下條歌舞伎定期公演会で
出演する子供歌舞伎のリハーサルを行います。
稽古用の衣裳、化粧なしの公開稽古ですので、
素顔の子ども達の一生懸命な姿がご覧いただけます。

約50 年ぶりに舞台を使用した演奏・歌舞伎イベントをお楽しみください。

057.gif雨天時は村民センター(村役場隣)2 階大会議室で行います057.gif
会場移動については前日までに下條歌舞伎ブログ(http://skabuki.exblog.jp/) でお知らせします。
(その他、準備の様子などを更新します)

当日晴れることを願いましょう058.gif


062.gif運営・お問い合わせ:アートハウス(0265-24-5811)水休
 共催:飯田市歴史研究所・建築史ワークショップ
     下條歌舞伎保存会


<同時開催>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■「伊豆木」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
飯田市立三穂小学校図画工作クラブ作品展056.gif
『ヘタっぴ絵画展』
~三穂小・図画工作クラブの 児童8 名による絵画作品展~

会場:伊豆木天満宮神楽殿(飯田市三穂)
会期:11 月3 日(土)10:00~16:00
    11月4 日(日) 9:00~15:00

4 日にはワークショップも企画しています 。
伊豆木天満宮の模型を作るワークショップです。

d0178513_23174753.jpg

062.gif
運営・お問い合わせ: 飯田美術研究所(0265-52-3507)
 共催:飯田市歴史研究所 建築史ワークショップ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・入場料は当日受付でお支払いください
 (入場料は全額演奏者の出演料といたします)
・飲食物は各自でご自由にご持参ください
 (会場では用意がございません)
・その他、必要と思われるものは各自ご持参いただけば幸いです
・会場にはトイレが十分ございません。
 近くに手配いたしますのでスタッフにお尋ねください
・初めての試みなので何かと不手際や気配り不足の点があるかと思いますがご了承ください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

犬塚家

犬塚家は松尾八幡の旧街道に位置する、飯田市域では現存最古の町家建築の1つです。
町家の間取りは片側を通り土間とする奥に長い間取りが特徴で、
表側は「ミセ」と呼ぶ商売空間、裏側は生活空間です。
犬塚家はほぼ改造なく町家の雰囲気が残っており、
ミセには後に増築された茶室があります。
犬塚家では現在定期的に一般公開し、
各種イベントを企画しながら活用方法を模索しています。
d0178513_21148100.jpg

信濃毎日新聞 2012年4月11日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

皇太神宮舞台
飯田・下伊那地域は歌舞伎や人形芝居が盛んな地域で、
芝居を演じるための農村舞台が現在でも70 棟残っています。
皇太神宮の舞台はその中でも改造のない素朴な舞台で、
上手側(右側) の太夫座(語り・三味線弾きの座)と、
舞台後方の遠見(背景の借景)があるのが特徴です。
d0178513_1143862.jpg


太夫座の板壁に
「大正11 年9 月24 日大入 愛知県木曽川町之住人 杵屋一白」の墨書があり、
中京圏との交流があったことが偲べます。
昭和30 年頃まで行われていた地芝居の雰囲気を再現したいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

チラシ
d0178513_19122.jpg

d0178513_192566.jpg

[PR]
by shimojokabuki | 2012-10-13 01:05 | お知らせ

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki