歌舞伎たんけん

下條村立図書館の行事、ふるさと歌舞伎たんけんが8月17日に行われました。村内の歌舞伎にゆかりの地を巡ったようです。

『40周年記念誌』には下條村の地図に歌舞伎にゆかりのある場所を入れたものを掲載しています。40周年記念誌編集委員会としては「誰か、志ある人がこれを見て巡ってくれたらいいな」という意図がかすかにあったので、本望であります。

南信州の18日の一面に参加した子ども達が写っています。子ども達の後ろには下條歌舞伎保存会副会長が姿があります。

南信州 2012年8月18日

残念ながら見にいけなかったのでわかりませんが、
夏休みらしいイベントで、楽しかったんだろうと思われます:D

近年の下條歌舞伎は文化祭の11月23日に演じられるもの・・・ということだけになりがちだったのですが、こうした広がりが出てきたのは嬉しいことです。地元の方々の思いに支えられています。

また、大鹿村の歌舞伎が盛り上がり、「こういう例もある」という頼もしい形を示してくれているので、ちょっとした追い風になっています。

当日の夜には、
“下條歌舞伎ゆかりの地 訪ねる”

としてNKH長野放送局でも流れたようです。
[PR]
by shimojokabuki | 2012-08-23 23:13 | 歌舞伎保存会

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki