かっこいいぞ~【2011定期公演】

2011定期公演
歌舞伎保存会発足40周年記念『菅原伝授手習鑑』

開演時間の1時近くなり、だんだん席が埋まってきました。例年よりも大入りの様子!
d0178513_236227.jpg

コスモホールの定式幕。
以前は粒良脇歌舞伎、親田歌舞伎、北又歌舞伎の幕を交互に使っていましたが、この広い舞台には小さすぎるため、この萌葱・柿色・黒の3色の幕を使っています。

舞台裏では着付、化粧は間に合うのか?!と毎年バタバタ。草履は、扇子は、と小物のチェックも大切です。

拍子木と太鼓がどんどん鳴って、幕が開きます。

鳥の子の巣に放れ、魚陸に上がるとは、浪人の身のたとへぐさ。
菅丞相の舎人梅王丸~
「梅王丸か」
「桜丸か」
「話す事」
「聞く事あり」
兄弟木陰に笠傾け

・・・ここで桜丸の長い長いセリフ。管丞相の流罪は自分に責任があるのだ、と桜丸は言うのですが、このセリフが終ると会場から拍手があがりました。「よく覚えたな~」


d0178513_2394822.jpg

「是非もなき世の有様じゃなあ」
鉄棒引いて先払い
d0178513_23185333.jpg

「どなた様のお通りでござりまする?」

憎くき時平が通ると聞いて、走っていく梅王丸、桜丸。荒事の所作もこなします。白い幕があがっていって、吉田神社の場面に。実はこれ、事前の打ち合わせもなく、当日になって幕を下げたりあげたりしようということになったのでした。

程なく轟く車の音、時平の大臣が路次の行粧
d0178513_23172812.jpg

「車、やらぬ!」
と飛び出していく梅王丸と桜丸。
d0178513_23215073.jpg

杉王丸、シャシャリ出で、
「やあ、誰かと思えば松王の兄弟、梅王丸に桜丸」

杉王丸の掛け声で仕丁達が飛び出して生きますが、さすが力自慢の兄弟。
d0178513_23232428.jpg

そこへ・・・現れる松王丸。
みんな、マイクをつけなくてもいいくらい大きな声で稽古をしていたので、はっきりしたセリフが響きます。
三味線にのって、決めポーズ!着物を脱ぐのに少し戸惑ったかな?
d0178513_23243158.jpg

兄弟がもみ合います。牛も危険を察知して逃げていきます。

そして車が壊れ・・・ドロドロドロドロ(太鼓の音)
d0178513_23284433.jpg

顕はれ出でたる時平の大臣
「ヤア牛扶持喰らふ青蝿めら。轅に止まつて邪魔ひろがば、轍にかけて敷き殺せ」
「ヤアさ言ふ大臣をひき殺さん」


互いににらみ合って幕。
幕の後には自己紹介。毎回、この自己紹介の部分も稽古してきました。
「自己紹介の方が緊張する~」と小学生は言っていました。
d0178513_2330128.jpg

「ありがとうございました!!」
大きな声で精一杯のお礼です。

小学2年生から5年生まで一緒によく頑張りました035.gif053.gif
[PR]
by shimojokabuki | 2011-11-26 23:33 | 2011定期公演

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki