早めの宣伝

まだまだ定期公演が11月23日の勤労感謝の日だという認知度が低かったり、
ポスターの完成が遅れてしまったり。



今年の演目は「菅原伝授手習鑑」で決まりかけているので、早めに。
下條村の文化祭に組み込まれているので時間ははっきりしませんが、おそらく午後
場所は昨年と同じコスモホールです。


下條歌舞伎保存会結成40周年記念は名作「菅原伝授手習鑑」寺子屋の場を、前段から三幕ほど演じてみようという試みです。
 
 5幕  車引きの場
 増補 松王下屋敷の場 
 8幕  寺子屋の場

文化デジタルライブラリーに紹介があります!
 →「菅原伝授手習鑑
 物語の解説はもちろんのこと、うんちく、占いまであっておもしろいサイトです。

松王丸、梅王丸、桜丸が登場する5幕目“車引き”

この芝居、飯田下伊那には深く浸透しています。
この地域には大獅子舞(屋台獅子)がたくさんあるのですが、
「梅王」「松王」「桜丸」が登場する獅子舞もあるのです。

飯田市座光寺の麻績神社高森町の萩山神社など。
この5幕目の“車引き”がもとになっていて、子供たちが獅子を引いていきます。(獅子引き?)
 →麻績神社獅子舞
 こちらのサイトの写真だと、隈取をした子供たちが見られます。


役柄がはっきりしている芝居です、歌舞伎ならではの華やかな舞台となることでしょう!


増補“松王下屋敷の場” 
8幕目の“寺子屋の場”に直接つながる話。
どうして“寺子屋の場”であんなことになったのか!がわかります。

そして8幕目寺子屋の場
随所にちりばめられた笑いと悲しみがじわじわと襲ってきます。


そんなわけでポスター。
d0178513_14294660.jpg

こんなんどうでしょう?
数年前の「菅原伝授手習鑑」寺子屋の場の準備風景です。
[PR]
by Shimojokabuki | 2011-05-30 14:47 | 歌舞伎保存会

下條歌舞伎の活動情報や、伊那谷の芸能文化を紹介します。【定期公演】毎年11月23日 【下條歌舞伎事務局:下條村教育委員会】0260-27-2311  0260-27-1015 FAX0260-27-3536


by shimojokabuki